• 千葉県上総一ノ宮にコンテナと和風家屋を融合した宿泊施設「Casual Resort COFF Ichinomiya」開業

    千葉県上総一ノ宮にコンテナと和風家屋を融合した宿泊施設
    「Casual Resort COFF Ichinomiya」開業

    千葉県上総一ノ宮にコンテナと和風家屋を融合した宿泊施設
    「Casual Resort COFF Ichinomiya」開業

    千葉県⻑⽣郡⼀宮町は、都⼼から⾞で約90分。九⼗九⾥浜に⾯した⾵光明媚な⼟地で、その波質の良さから世界中のサーフィン愛好者に広く知られています。

    2020年の東京オリンピック・サーフィン会場にも選ばれ、ますます国内外からの注⽬を集める中で、世界各国からのお客様をお迎えする場所にふさわしい質の⾼い宿泊サービスを提供します。

    木造家屋をリノベーションした本館、40フィートコンテナモジュールを2段に積み上げたメゾネットスイート、20フィートコンテナモジュール1つを使うプライベートキャビンなど、利用者の多様なニーズに応え、コンテナ建築の面白みを体感できる造りとなっています。

    客室の⼀部はペットの同伴も可能です。

    千葉県⻑⽣郡⼀宮町は、都⼼から電⾞で約90分。九⼗九⾥浜に⾯した⾵光明媚な⼟地で、その波質の良さから世界中のサーフィン愛好者に広く知られています。

    2020年の東京オリンピック・サーフィン会場にも選ばれ、ますます国内外からの注⽬を集める中で、世界各国からのお客様をお迎えする場所にふさわしい質の⾼い宿泊サービスをご提供します。

    ⽊造家屋をリノベーションした本館、40フィートコンテナモジュールを2段に積み上げた11棟のメゾネットスイート、20フィートコンテナモジュールを3つ並べたグランスイート3棟を配し、プライベート性と宿泊客相互の交流をともに楽しめる造りとなっています。

    客室の⼀部はペットの同伴も可能です。

  • 佐野藤岡I.C.近く、スタイリッシュ且つリーズナブルなロードサイド型HOTEL R9開業

    佐野藤岡I.C.近く、スタイリッシュかつリーズナブルな
    ロードサイド型ホテル「HOTEL R9 SANOFUJIOKA」開業

    佐野藤岡I.C.近く、スタイリッシュかつリーズナブルなロードサイド型ホテル「HOTEL R9 SANOFUJIOKA」開業

    HOTEL R9 SANOFUJIOKAは、佐野藤岡IC、佐野SAスマートICから各々⾞で7分の好アクセスの⽴地を有するビジネスホテルです。

    スタイリッシュな外観と内装、コンパクトながら全室シモンズ製 ベッドなどこだわりの設備とアメニティを備え、ビジネスパーソンは もちろん、ご旅⾏中のかたがたにもリーズナブルな価格で快適にご利⽤いただくことを⽬指しました。

    HOTEL R9は宮城県石巻市で震災復興に従事する方々のための宿泊施設として利用されたコンテナモジュールホテルを移設しリニューアルしたホテルで、需要の変化等にスピーディに対応可能な当社のホテル事業ノウハウを示す事例です。

    HOTEL R9 SANOFUJIOKAは、佐野藤岡IC、佐野SAスマートICから各々⾞で7分の好アクセスの⽴地を有するビジネスホテルです。

    スタイリッシュな外観と内装、コンパクトながら全室シモンズ製 ベッドなどこだわりの設備とアメニティを備え、ビジネスパーソンは もちろん、ご旅⾏中のかたがたにもリーズナブルな価格で快適にご利⽤いただくことを⽬指しました。

    HOTEL R9は宮城県石巻市で震災復興に従事する方々のための宿泊施設として利用されたコンテナモジュールホテルを移設しリニューアルしたホテルで、需要の変化等にスピーディに対応可能な当社のホテル事業ノウハウを示す事例です。

  • 中部国際空港セントレア ターミナルビル1Fに24時間利⽤可能なカプセルホテル「TUBE Sq(チュウブ・スクウェア)」開業

    中部国際空港セントレア ターミナルビル1Fに
    24時間利⽤可能なカプセルホテル「TUBE Sq(チュウブ・スクウェア)」開業

    中部国際空港セントレア ターミナルビル1Fに
    24時間利⽤可能なカプセルホテル「TUBE Sq(チュウブ・スクウェア)」開業

    TUBE Sqは、24時間利⽤できる利便性と、リラックスした休息をお約束するこだわりの設備を兼ね備えたカプセルホテルです。

    中部国際空港セントレア旅客ターミナルビル内に⽴地し、⾶⾏機の出発・到着⼝へはエスカレーター1本でアクセス可能。

    また、各交通機関にも直結しており、⾃由な旅のハブとして便利にお使いいただけます。

    しっかりと休息がとれ、深夜・早朝便を快適に利⽤できることで、旅先の時間を⼀層有意義に過ごすことができるでしょう。 24時間、365⽇、旅⾏者がいつでも快適に旅するための空間とサービスを提供します。

    TUBE Sqは、24時間利⽤できる利便性と、リラックスした休息をお約束するこだわりの設備を兼ね備えたカプセルホテルです。

    中部国際空港セントレア旅客ターミナルビル内に⽴地し、⾶⾏機の出発・到着⼝へはエスカレーター1本でアクセス可能。

    また、各交通機関にも直結しており、⾃由な旅のハブとして便利にお使いいただけます。

    しっかりと休息がとれ、⾶⾏機の深夜・早朝便を快適に利⽤できることで、旅先の時間を⼀層有意義に過ごすことができるでしょう。 24時間、365⽇、旅⾏者がいつでも快適に旅するための空間とサービスを提供します。

  • 中部国際空港セントレア ターミナルビル1Fに24時間利⽤可能なカプセルホテル「TUBE Sq(チュウブ・スクウェア)」開業

    デベロップのサテライト民泊事業第1弾となる
    「R9 Village」を栃木県佐野市で開業

    デベロップのサテライト民泊事業第1弾となる「R9 Village」を栃木県佐野市で開業

    異なる場所にある複数の住居物件を客室とし、1カ所のフロントで管理・運営する形態の民泊を「サテライト民泊」といいます。従来は旅館業法に基づく簡易宿所の事業許可を得る必要がありましたが、住宅宿泊事業法施行により、各々の物件を同法に基づき届け出ることで柔軟に展開可能となりました。

    独自の建築ノウハウを持ち、中小規模ホテルのスピーディな開発を強みとするデベロップは、従来型ホテル開発と民泊開発を融合した独自のサテライト民泊事業モデルの開発に取り組みます。

    その第1弾となる「R9 Village」は、栃木県佐野市のロードサイド型ビジネスホテル「HOTEL R9 SANOFUJIOKA」の近隣エリアで展開するサテライト民泊事業。近隣の住居物件を活用し、ホテルと一体での集客・運営を行います。

    簡易キッチンや洗濯機など、長期滞在可能な設備を備えた本格的な宿泊施設がリーズナブルな価格で利用可能です。

    異なる場所にある複数の住居物件を客室とし、1カ所のフロントで管理・運営する形態の民泊を「サテライト民泊」といいます。従来は旅館業法に基づく簡易宿所の事業許可を得る必要がありましたが、住宅宿泊事業法施行により、各々の物件を同法に基づき届け出ることで柔軟に展開可能となりました。

    独自の建築ノウハウを持ち、中小規模ホテルのスピーディな開発を強みとするデベロップは、従来型ホテル開発と民泊開発を融合した独自のサテライト民泊事業モデルの開発に取り組みます。

    その第1弾となる「R9 Village」は、栃木県佐野市のロードサイド型ビジネスホテル「HOTEL R9 SANOFUJIOKA」の近隣エリアで展開するサテライト民泊事業。近隣の住居物件を活用し、ホテルと一体での集客・運営を行います。

    簡易キッチンや洗濯機など、長期滞在可能な設備を備えた本格的な宿泊施設がリーズナブルな価格で利用可能です。

  • HOTEL R9 The Yard(ホテルアールナイン ザ・ヤード)誕生

    斬新な外観とコンパクトで快適な客室を備えた新型コンテナホテル
    HOTEL R9 The Yard(ホテルアールナイン ザ・ヤード)誕生

    斬新な外観とコンパクトで快適な客室を備えた新型コンテナホテル HOTEL R9 The Yard(ホテルアールナイン ザ・ヤード)誕生

    ザ・ヤードは当社がこれまでに手掛けたコンテナ建築ホテルの開発・運営経験を活かして新たに展開する新しいタイプのコンテナホテルです。

    ザ・ヤードは建築用コンテナモジュール1ユニットを独立した1棟・1客室として地上に並べる構造をとることにより、土地の広さや形状に応じた柔軟なホテル開発が可能となるほか、従来型のホテル開発に比べて圧倒的な短工期と低コストを実現します。

    ザ・ヤードは10室以下の小規模ホテルから、土地の広さに応じて数百室規模まで対応可能です。加えて、ホテル開発におけるフレキシビリティだけでなく、移設容易な客室が地域に多数配備されることで、地域全体が観光需要に対するフレキシブルな対応力を持つことができます。

    ザ・ヤードは当社がこれまでに手掛けたコンテナ建築ホテルの開発・運営経験を活かして新たに展開する新しいタイプのコンテナホテルです。

    ザ・ヤードは建築用コンテナモジュール1ユニットを独立した1棟・1客室として地上に並べる構造をとることにより、土地の広さや形状に応じた柔軟なホテル開発が可能となるほか、従来型のホテル開発に比べて圧倒的な短工期と低コストを実現します。

    ザ・ヤードは10室以下の小規模ホテルから、土地の広さに応じて数百室規模まで対応可能です。加えて、ホテル開発におけるフレキシビリティだけでなく、移設容易な客室が地域に多数配備されることで、地域全体が観光需要に対するフレキシブルな対応力を持つことができます。

  • 関東圏央道・北関東エリアを中心に続々展開中!

    関東圏央道・北関東エリアを中心に続々展開中!

    coming soon

土地や物件の情報、投資のご相談など、
お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。