コンテナ建築の特長

工期の圧縮が可能

一般の在来工法よりも工期の圧縮を実現

デベロップでは、国の認定を受けたRグレード工場において、外壁・屋根などの施工を工場出荷前に完了します。これにより、建設現場では主にコンテナモジュールの組み立てのみとなり、工期を圧縮することが可能です。

工場生産のコンテナモジュールで現場作業を大幅短縮

デベロップのコンテナ建築において、現場での作業は主に「コンテナモジュール同士を組み立てるだけ」。在来軸組工法の場合、約3カ月かかるとされる棟上げも約1日で完了します。現場では、電気工事などコンテナ内部での作業のみのため、全体の工期は他の工法と比べて圧倒的に短くなります。

建築確認申請中も有効活用

従来工法では建築確認申請中の工事は行えませんが、デベロップでは必要なコンテナモジュールを建築確認申請中に工場で生産できるケースがあります(倉庫など)。これにより、基礎工事完了後すぐにコンテナの据付工事に入ることができ、現場作業を大幅短縮することができます。