デベロップは、コンテナ型モジュールメーカーとして創業し、その後コンテナ型モジュールを活用したさまざまなソリューションへとサービス領域を拡大してきました。コンテナのフレキシビリティ、モビリティを生かしてイベントブース、フランチャイズ店舗、老人ホーム、銀行店舗などの建築ソリューションを提供、総建築戸数はすでに800件を超えています。また、トランクルームの『ストレージ王』も、関西圏を含め管理店舗数はすでに100店を超えており、今後は全国的な展開を見据えるなど、コンテナ型モジュール建築ユニットのリーディングカンパニーとして、確固たる地位を築いています。

「屋根にソーラーパネルを設置してトランクルームの収益性を高める」そんなアイディアから2012年にスタートしたのがソーラーソリューション事業です。現在ではその事業が発展・拡大し、メガソーラー発電所を含め全国各地で約1,000件もの建築・運営を手がける事業規模にまで成長、ソーラーソリューション事業は当社の大きな柱のひとつになりました。今後はPPS(新電力会社)や新エネルギー事業などへの参入も視野に入れています。

また当社は、「ストレージ王」など手がけた建築物やソーラー発電所を管理し、その収益性を維持するプロパティマネージメント事業も行っています。総管理資産額は現在約500億円。収益性維持に寄与するマネジメント能力はお客様から高い評価をいただいており、その事業の堅実性は、当社の経営安定化にもつながっています。

アセットマネージメント事業では、土地が有効に活用できていないお客様にはトランクルーム投資やソーラー発電を、資産を効率的に運用したいお客様にはエクイティ投資をご提案するなど、お客様のさまざまな投資ニーズにきめ細やかに対応した多彩なサービスを提供しています。総投資請負額は現在では500億円を超えました。

お客様の大切な資産を運用する企業として、企業倫理の確立と適切な運用は、最も重視すべき命題です。そのなかでも当社は、法令などを遵守するコンプライアンス経営の徹底に注力してきました。一般的なコンテナ建築では、現在でも残念ながら建築確認を取得していない違法なコンテナが多く見られます。当社は創業時より国土交通大臣が認定する鉄骨製作工場Rグレード資格適合基準(Rグレード性能評価適合基準)に基づいたコンテナ建築モジュールを製作し、建築確認を取得しています。またCSR活動の一環として、本社のある千葉県市川駅前においてグループ会社「保育王」が子育て支援事業に参入するなど地域社会への貢献を行っています。

当社は各事業を有機的に組み合わせることでシナジーを創出し、お客様の収益の最大化と当社の経営効率化を図る事業戦略を展開しています。たとえばトランクルームとソーラー発電所の保守・メンテナンスネットワークを共有化し保守ネットワークの運用効率を向上させる、あるいはソーラー発電の蓄電池倉庫やパワーコンディショナーの収納庫をコンテナ建築モジュールで建築するといった複合的な事業展開です。今後も各事業のシナジーを高め、さらなる効率化と事業の拡大をめざします。

創業以来、時代の一歩先を読んで新領域にチャレンジし、トライ&エラーを繰り返しながら事業の拡大を図ってきました。今後も今まで培ったノウハウを生かしながら、大企業には真似のできない圧倒的なスピード感と既成概念に捉われない斬新なアイディアで、時代をリードする製品・サービスの提供をめざして、新たな事業領域へチャレンジしていきます。チャレンジングカンパニー、デベロップのこれからを、どうぞご期待ください。