コストメリットが活かせる
コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)の建築例

 例1 5階建までの建物の場合

コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)における
コストメリットを最大化できます。

鉄骨造や鉄筋コンクリート造で建築する場合、現場にて柱を建てたり、溶接をするなどの作業が必要なため建築費が高騰。
しかし、コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)であれば、建築費を大幅に圧縮することが可能です。
また、5階建までの中層建築物にも対応できるため、他工法よりもコスト優位性があります。

商業施設 商業施設

店舗 店舗

マンション マンション

ホテル ホテル

トランクルーム トランクルーム

事務所 事務所

理由1.現場での組み立てはたったの1日。
作業工賃の大幅な軽減が可能です。

理由1.現場での組み立てはたったの1日。作業工賃の大幅な軽減が可能です。

コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)において、現場で行う作業は主にコンテナの組み立てのみ。
工場出荷の時点でコンテナ製造や溶接作業を終えているので、棟上げも約1日で完了します。
他の工法と比べて全体の工期を大幅に短縮することができます。

理由2.高品質のコンテナモジュールを
リーズナブルに提供

理由2.高品質のコンテナモジュールをリーズナブルに提供

デベロップのコンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)製造は、Rグレードの認定も取得した中国工場で実施。
国が保証する技術、生産工程、管理体制に基づいた質の高いコンテナモジュールをリーズナブルな価格でのご提供を実現しました。

 例2 将来的に店舗移築を考えている場合

店舗をそのまま移築できるので、無駄なコストがかかりません。

店舗を移築する場合、取り壊した上で新たに建築しなければならず、多大なコストがかかります。
コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)では、店舗をそのままの状態で簡単に移築できるため、費用を大幅にカット。
用途の変更や店舗面積の拡張も、自由自在に行うことができます。

店舗をそのまま移築できるので、無駄なコストがかかりません。

コンテナ型モジュール 40万/坪

 例3 狭小地店舗・事務所の場合

圧縮したコストと時間を、設備・仕様にまわすことで、
理想のこだわり空間を実現できます。

コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)を選択することで、建築コストと工期を圧縮。
圧縮することで生まれたコストと時間を、設備の充実や内装のデザインにまわすことで、理想のこだわり空間を実現できます。

狭小地店舗・事務所の場合

コンテナ型モジュール 50万/坪

コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)のエコノミーな施工事例

短工期・低コストで、デザイン重視の空間を実現

短工期・低コストで、デザイン重視の空間を実現

コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)の特長とも云える「短工期・低コスト」で約一週間で上棟。コストをデザインにまわすことで、意匠性の高いモデルとなりました。モジュールを組み合わせることで、高架下の土地も有効活用することができます。

コンテナ建築のトップランナーだから可能なサポート体制。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

※サイト内の(コンテナハウス)とは、建築基準法に適合した建築用コンテナを使った建築物をさします。