同じ建築物をつくるのに費やす日数

同じ建築物をつくるのに費やす日数

最短2週間での建築が可能!コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)が短工期の理由

建築確認申請中に海外工場でコンテナモジュールを製造するため、短工期での建築を実現します。

コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)が短工期の理由

コンテナ型モジュール建築(コンテナハウス)が短工期の理由

建物の構造体であるコンテナモジュールを工場で製造することで、
現場での複雑な作業を大幅に削減することができます。

施工例

デベロップのコンテナ建築において、現場での作業は主に「コンテナモジュール同士を組み立てるだけ」。
在来軸組工法の場合、約3カ月かかるとされる棟上げも約1日で完了します。
現場では、電気工事などコンテナ内部での作業のみなので、全体の工期は他の工法と比べて、圧倒的に短いのが特長です。

工期短縮や現場作業の軽減によって、
建築コストも大幅に削減することができます。

従来の建築のように骨組みから組み立てたり、溶接などの作業が不要のため、
工期だけでなく工賃を圧縮することができます。
販売機会の損失、不要な借地料といったロスを抑えることができるため、
建築でのトータルコスト抑制にも大きく貢献することができます。

工期短縮・建築コスト削減

短工期/簡単施工の事例

28戸の1棟建ての躯体・外装が一日で完成

28戸の1棟建ての躯体・外装が一日で完成

在来工法の場合およそ一週間かかる躯体・外壁工事を、44本のコンテナを積上げ連結することで一日で完成させ、基礎工事着工後45日間(休工日含む)の短工期で竣工しました。

40フィートサイズのコンテナモジュールを有効活用

40フィートサイズのコンテナモジュールを有効活用

40フィートモジュールと20フィートモジュールを3本ずつ組合わせた延床55坪のモデルです。断熱材と外装を施したユニットを設置後、設備と内外装工事を行うことで、短い工期での完成を可能としました。

コンテナ建築のトップランナーだから可能なサポート体制。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

※サイト内の(コンテナハウス)とは、建築基準法に適合した建築用コンテナを使った建築物をさします。